スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    なぜ学区にこだわるか

    こだわらしちくり~。

    まあ、基本どこでもいいとは思っているんだけどね。

    ただやっぱり、チャンスが目の前にあるのであればつかまなソンソン。

    でだ、学区にこだわる理由。

    親がそんな必死こいて勉強勉強言えば、将来子供はつぶれるかもしれんし、やりたいこともできんかもしれん。
    あふぉ、やりたいことの幅を増やすために勉強させるんじゃ。

    子供のうちは勉強しとけ。

    つーのは、もし一流企業に入社したいと思っていたとする。だがその会社はこの偏差値の大学を卒業していなければ、履歴書の段階で刎ねる。そういうのがごろごろあるわけですよ。まあ、難関大学に入れとは言わんが、最低ラインは行って欲しい。
    上の息子は獣医になりたいと申しておるがな。それも、最低ラインの勉強能力は必要なわけだ。

    勉強することの意味? それはな、できないことをできるようにする訓練
    人の話を聞かなくてもいいようになること。これについては、最終的な意見で言えば「ありえん」わな。
    ただ人の話に惑わされることなく、自分の判断、経験によって道を拓けっつーこと。ただその道を極めたとしても、横の道は必ず絡んでくるわけで、人の意見を聞かんでもいいようになるのは、死なな無理やわ。
    実際、子供にはそう言うてる。
    具体的な例でいうと、宿題なんてやらんでもええ。宿題をする意味は、(小学生のうちでの話だよ)先生との約束なんよ。もちろん、ベースになる学力あって言えることだがな。
    つまり宿題をせんということは、先生から信頼は得られんわけだ。信頼を得られんことがどういうことか、身をもって知ったらええ。
    うちはダラダラやる宿題は意味がないと考えているから、そういう態度をとった時点で「やる意味がないから、宿題すんな。先生にごめんなさい言え」とは言っている。が実際、こんなことを言う前にさっさと宿題終わらせて遊びに行っているので出番はない。最近は帰ってきてすぐ、友達の誘いがあるから遊んでから宿題してる。
    ただし、ここに来るまでには十分互いの信頼関係が必要になるわけだ。私が言わなくても相手はノルマをきちんとこなすだろうという、絶対的な信用がある。そして子供は「自分は信頼されている」と思うわけだ。計画性も出るしね。
    そういうことを含めて勉強だと思っている。

    勉強は楽しかないやい。学年が上がれば、結局苦しい場面も当然ある。その苦しい場面をどう乗り切ったかというのは絶対的な経験値であり、自信だわな。

    その自信を与えてやりたいから、勉強をさせるの。そして環境を整えてやりたいの。確率の問題なわけだ。別に親がおぜん立てせんでも、やる子はやるよ。けど、荒れた中学からそういう子が出る確率と、モチベーションの上がった学校からやる子が出る確率を考えると、やっぱり学区にこだわりたい。

    子供自身の努力でどうにかしろっつーのも有りだけど、やっぱりね。中学でそこそこなんは、社会に出てもそこそこなんよ。別に本人が幸せならそこそこでええねん。けど、それは将来のできることの幅で考えた場合、狭い制限がつくんよ。

    今は苦しんどけ。

    絶対その経験は自信になる。

    できることをやらせろ、つーよりできる幅を増やせ。


    選ぶのは後からでもできるしな。




    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    erry

    • Author:erry
    • 二人のちび怪獣に日々追い詰められる駄目主婦。
    最近の記事
    最近のコメント
    カテゴリー
    足跡ぺったん
    ペット人間化
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。