スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お小遣い

    お久しぶりすぎて広告が出るほどです。

    夏休みももうすぐ終わりですね。
    宿題は終わらせたでしょうか? とはいっても、うちはあまり干渉していません。せいぜい丸付けと、「夏休み帳を終わらしちゃいなさい」ぐらいです。

    あとの宿題は知りません。

    先生は宿題は計画的に進めましょうねと言いますが、やれるならちゃちゃっとやった方がいいですよ。

    うちの後半の夏休みの過ごし方は、ドラゼミが残っているかないかの状態で、ぐでーとしています。漫画の読み放題なので、ごろごろしながら読んでいるようです。

    計画的にって言うのは、それができない子に向けての発信ですので、わざわざ合わすこともないです。


    さて、今年の夏休み、私が仕事をしている間、昼ごはんは自分たちで用意してもらうようにしました。もちろん、食費のお金は渡しています。おかずがあるときや、なにか調理できるものがある場合、彼らはなんかしているみたいです。
    後片付けもしているようで、感心感心。

    で、今年はおやつを私が用意しない代わりに、これも自分たちで用意するようにしてみました。その財源はどこにあるのかというと、お小遣いです。


    お金は使って初めてその価値が出るのだと思いますし、大切さを学ぶことができるのではないかと私は思っています。
    使い方も使わなきゃわかんないと思います。

    で、自分たちのおやつの購入資金を渡したわけですよ。ちなみに私が仕事中の間に家事手伝いをしっかりすると、給与upに含みを持たせました。上限で1500円ほどですが。

    まず、この一か月で分かったことは。


    あいつら、ケチだ。いや、倹約家と思いたい。


    一日100円前後で過ごせるぐらいの金額を渡しているのですが、アイスの箱を買って節約してやがる。

    あれ6本とか入って300円前後ですよね。
    2本食べても一日100円。
    それを買ってちびちび食べてる。

    娘に至っては、


    おやつすら買ってねぇえええええ!


    いや、全然ってことはないんだけど。

    おやつ買うぐらいなら、納豆と、優待でもらったリンゴと、魚肉ソーセージと……。


    冷蔵庫の中身を食い尽くされてるやんけ……。


    まあ、いいや。





    とまあ、親としては楽な夏休みを過ごしています。

    さて、お小遣いを皆様はどんな形であげているのでしょうか。

    最近、お手伝いの報酬として基本給にプラスアルファを付けるよと約束した私ですが、息子は「お小遣いupせんでええから、手伝いしない」などと回答しております。

    まあ、お風呂沸かしや食器洗い、洗濯の取り込みなんかはしてくれるんですがね……。


    そーか、そーか。


    ところで子供は家のお手伝いを「当たり前」と感じてはいないでしょうか? 私も子供は家の手伝いをして当たり前と思っていました。もちろん「当たり前」なので無償ですよね。

    でも、今回のことで少し考えました。

    家事手伝いは、家族の調和や協調のためには確かに「当たり前」。
    ですが、家事手伝いを労働として考えた場合、相当の報酬を与えた方が「何のために働き、何を得ることができるのか」ということを考えることができるのではないかと。
    ちなみに、何を得ることができるのかということは、将来自分の労働に対しての考え方を深めるきっかけになるんじゃないかと。

    ちなみに私個人の浅い考えですから、この後やっぱりお手伝いに報酬を渡す考えは「ない」となるかもしれません。

    けどさ、人は食うためにお金を得るんですよね。お金を得るために働くんですよね。それが無報酬だったら、と考えるとねー。


    んまあ、残り少ない夏休みをエンジョイしてくださいな。

    でわでわ









    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    erry

    • Author:erry
    • 二人のちび怪獣に日々追い詰められる駄目主婦。
    最近の記事
    最近のコメント
    カテゴリー
    足跡ぺったん
    ペット人間化
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。